2011年12月08日

メンタリスト

アメリカの人気ドラマ「ザ・メンタリスト」では
相手を観察する力に優れ
ひとの心の機微に敏い”メンタリスト”が
犯罪コンサルタントとして活躍するそうな。
観たことはないのですが、日本でも放送されたんですね。

日本でもメンタリスト、と名乗っている方がいらっしゃるんですって。
http://www.daigo.me/index.html
この方の場合は犯罪捜査は関係なくて、
ステージなどでパフォーマーとして活躍されているそうです。

このサイト、心理学、とくにNLPなどを学ばれた方がご覧になると
あ、わかる、みたいに感じるんじゃないかな、と思います。

なんで急にメンタリスト、なんて言い出したのかと言うとですね、
先日はじめて会った方にカウンセラーです、と自己紹介したところ

「じゃあ考えていること皆わかっちゃうの?怖いな!」

と、やや怯えられてしまって(笑)。

確かにカウンセリング中はかなり集中して
相手の方を知ろうと努力しますから
ふつうにお話しているより相手のことがわかります。

でもそれは恋愛と一緒。

知りたい、理解したい、という想いが強いから
ふつうのときよりはわかる、それだけ。
もちろん勉強しているから、
勉強していないときよりは判るようになっていますが
それでもわからないこと、あります。いっぱい。

それをクライアントさんに尊敬されたくて
見栄を張って「ぜんぶわかる」ような顔をするのも
すこしばかりわかるようになったからって
「見ればわかるぞ」と自分を過信してしまうのも
たぶん、ちょっと、違いますよね。

人のこころって奥が深いんですもの。
何十年と勉強されている研究者の方であっても判らないことがある。
わからない、が基本の立ち位置なのが自然なような気がします。

もし自分の心が相手にわかったとしたら、

それは相手が、自分を理解しようと努力してくれたから。

逆に自分がクライアントさんから
「どうしてそんなことまで判るの?!」と言われても
それは、たまたまアプローチがうまく行っただけのこと。
いい気になったりしないで、ちゃんと兜の緒を締めなくちゃ。

わからない、から始めなきゃ。

このメンタリストさんも、もっと心理学を学びたいから
大学院から医学部に入りなおす勉強をされているんですって。
もっと学ばなければ、という謙虚な気持ち、
私も忘れないようにしなくちゃなぁ。
(というわけで?研修を申込みまくってしまい、
 クリスマス三連休のうち2日研修を受けることに…ううむたらーっ(汗)
posted by トリカラ at 17:31| 〔Triocolorsメンバーの日記〕