2011年07月08日

音の、よろこび

いやぁー…

すっかり更新の間が空いてしまいました。
ごめんなさい。

あまりに間が空いたので
もう書くことが出来ないんじゃないかって
けっこう本気で思ってしまいました。

でも踏み出してみると、また気分は変わるでしょう。

ぜったい無理だと思っていたことが
少しだけやってみよう、一部分だけ、とか
何とか勇気を振り絞って手をつけてみると
意外とやれちゃったりするんですよねぇ。
たかがブログに大袈裟だけれど(笑)。

だから最近は、あんまり怖がらないようにしています。
怖くて足がすくんじゃうとき、「ま、いっか」って。
やってみないと判らないもん。

さて、タイトルの「音の、よろこび」に戻りましょう。

私はあまり音楽に拘るタイプではないのですが
先日吉祥寺ではいった不思議なお店「ZUMI」
とても素敵な音を聴きました。

このお店、誰にでもお勧めするものではないかもしれません。
店主の泉さんという方が好きな音楽、
かなりコアなジャンルですし、喫茶店として寛ぐというのも
すこしだけ違うかも…ってカンジです。

でも、このお店のオーディオセットの素晴らしさ。

私が偶然このお店に入ったとき、泉さんは
エキゾチックな女性ボーカルのLP(える、ぴー、ですよ!)を
かけてくださいました。その、最初の音が聴こえたときの驚き。

深く入り組んだ洞窟のなかで
見えない誰かが鳴らす鈴の音を聴いた、ような。

そう、最初の音は金属の鈴の音でした。
そして女性の声。
まるでその場にいるような、温度さえ感じる、声。

楽器のちいさな弦の響き、掠れ、
様々な音が重なって響き
厚みのある、奥行きのある、
なんとも美しい音楽の世界が広がっていきました。

細胞のひとつひとつに染みとおるような、強くて静かなちから。

目から鱗、いえ、耳から鱗でしょうか。
(目に鱗が生えてたり耳に鱗が生えてたら不便そうですね)
なんだか今まで音楽や音にあまり興味を持たずにきたことが
損をしたような気がしてしまいました。

でもね、あのオーディオセット、素人の私が見積もっても
たぶん数百万、それも数、のところが
指5本じゃ足りないような気がするんですよね…。うーむ。

まぁそこまでの投資は私には無理だけれど、
今よりもうすこし良いオーディオを買ってみようかなぁ。
まずはヘッドホンとか…。
そんな気分にさせられた、午後でした。
posted by トリカラ at 12:15| 〔Triocolorsメンバーの日記〕