2011年03月16日

不安はアドレナリンを出す

ひとは不安だと、アドレナリンが多く分泌されます。

これは非常事態により迅速に反応できる、
普段より大きな力が出せる等という良い効果がある反面

やたらイライラしてしまったり
何かをやらなくてはと焦燥してしまう悪い面もありますね。

今回の震災のような非常事態では、こうした
アドレナリン大放出状態になってしまうことが多々あるでしょう。

いま、「何かやらなくちゃ!」みたいな焦りが
心のなかにあるのだとしたら

アドレナリンくんの悪さのせいかもしれません。

落ち着いて、深呼吸〜。

今回の件は長期戦になると思います。
それだけにここ一発の火事場の馬鹿力ではなく
上手に力を配分して対応していくことが大切になるでしょう。

さて、私の周りにも今すぐ現地に入って何かしたい!と
心掻き立てられている方がいらっしゃいます。
その善意は素晴らしいことです。

しかし、まずは深呼吸。
すこし落ち着いて、準備をしてから向かいましょう。

手ぶらで混乱している現地に乗り込んで
受け入れ態勢のない役場や避難場所に飛び込んでも
まともな働きが出来る可能性はありません。

車とガソリン(帰りの分や移動作業の分も考慮)、
避難場所の食料を食いつぶすことのないよう
自分が滞在する間の食料すべてを持っていくこと。

簡易トイレや毛布など、生活を支えるものも大事ですね。
避難場所によっては毛布1枚に数名の家族が
くるまっていることもあるそうですから、
ボランティアのために毛布を提供していただくのは
考えるまでもなく、NGです。

そして、現地のニーズを確認。

本当に必要とされる場所に行かなくては、ね。

現地ボランティアセンターが立ち上がっていれば
必ずネットで情報を発信しています。
まだセンターが立ち上がっていないなら、
それを待ってからでも遅くはありません。
やることは長期的に山ほどあるし、
むしろ少し後のほうが需要がはっきりして
役に立てる可能性があります。

また、ボランティアは優しく被災者に話しかけたり
励ましてあげるような仕事ではありません。

山のような大量の救援物資の仕分けや
泥の中から何かを掻き出す作業になりますので
体力が無い方はやめておいたほうが良いと思います。

せっかく善意で行くのですもの、無駄にならないよう
現地のニーズを把握して、
現地の資源を食い荒らさないよう
きちんと準備して行ったほうが絶対よいですよね。

いま焦燥感の中にある方は、ぜひ、いちど深呼吸を。

善意が、ほんとうに良い形で生かされますように。

2011年03月10日

小さな行動・大きな結果

日経ビジネスオンラインで、面白い記事を読みました。

河合薫さんという方の「新・リーダー術」というシリーズです。

>ストレス対処力(SOC:sense of coherence)

ということについて、何本かの記事で書いておられます。

>それは、「どんな状況の中でも、半歩でも、
>4分の1歩でもいいから、前に進もうとする、前向きな力」だ。

こういう前向きなセンテンス、好きなんですよね〜(笑)。
これは私が単純でお気楽な人間だからでしょうね。

どれくらい単純かと言いますと、
いろいろ難しい状況が続いて気がふさいでいた昨日
ランチで同僚が私の愚痴をしっかり聞いてくれました。
そうしたらそれだけで、すっかり元気になっている自分が…!

我ながら単純すぎる。

問題はなんら解決していないというのに。
彼女がしてくれたことは、
うんうんとうなづきながら聞いてくれるだけだったのに。

でもそれだけのことが、すごい効果だったんですよね。
これって、私が単純だからというだけでは無い気がします。

システム開発の現場にいると、
チームの雰囲気が良いときとそうでないときでは、
やはりトラブルへの対処能力が大幅に違う実感があります。

何か問題が起きたとき、皆で対処しようと思うか
自分だけで何とかしなきゃ、誰もアテに出来ない!と思うか。

やはり前者が圧倒的に楽だし、パフォーマンスもいいんです。

なぜパフォーマンスもよいかと言うと、
雰囲気のいいチームではチーム全体を救おうとするから。
自分ひとり助かろうとする人間の集まりだと個人プレイの域を出ず、
同じ解決策を目指していない個々のプレイは相乗効果を生みません。
チームとしてのパフォーマンスが望めないのです。

そして雰囲気の良いチーム、信頼関係があるチームの場合は
責任がチームに分散されるという精神的な楽さがあり、
またチームのためにも頑張ろうというモラールの高さが見られます。

ね。辻褄が合っているでしょう?

さて、そういう大トラブルでは因果関係がわかりやすく
日常生活では見過ごされがちでありますが…

実は、平凡な日常の中でも同じ法則が働いている!
と、私はそう睨んでおります。

ちょっとした挨拶、手伝い、声をかけること、
そんなほんの小さなサポートが
仕事場や地域社会の雰囲気を上げ、
パフォーマンスを上げ、
実は日本経済と社会生活の向上に
すごい効果を出している。
計測できないけど、絶対そういう因果関係、あると思う!

ちょっと大袈裟かな?

でもそれくらい、日常の中の小さなサポートが生み出す
大きな大きなパフォーマンスを実感した午後だったのです。

河合薫さんも記事中で、ストレス対処力を高めているのは
人と人との関係性ではないかと考察しておられます。
さまざまなデータを提示しながらの考証で、説得力があります。

「失敗したくない…」と部下の手柄を横取りした男の末路
ストレス対処力が漠然とした不安を跳ねのける

(記事を読むためには日経オンラインの会員登録が必要です)

さて、私も日本経済と日本社会の向上に貢献するべく(笑)
まずは感じの良い挨拶をしてみるとしましょう。

よい1日を!
posted by トリカラ at 11:29| 【ストレス撲滅運動実施中】