2010年08月26日

やる気スイッチはいつ入る?


8月12日に東京公演が行われた、
沖縄の中高生が出演する現代版組踊
鬼鷲〜琉球王尚巴志伝

私の周りの観た人が全員、大絶賛、大興奮。

私は残念ながら見ることが出来なかったのですが、
4年に渡って舞台を取材した本がありました。

「やる気スイッチはいつ入る?」

五木田勉 著(学研パブリッシング)

さっそく読んでみたところ、とにかく
惹きこまれて一気に読んでしまいました。

演出の平田大一氏のアプローチは
ブリーフセラピーの哲学と共通する所が多く
カウンセラーとしても学ぶことが多いです。

でも、そういったことを抜きにしても
子供たちの一所懸命さ、
オトナたちの一所懸命さ、
胸が震えて衝き動かされるような気持に…。

本気は、強い。

ああ、残念だなぁ、この本をもっと早く
読んでいれば12日は何としても観にいったのに。

いつか沖縄に観にいってみたいです。
posted by トリカラ at 20:10| 〔Triocolorsメンバーの日記〕 

2010年08月10日

それは確かなの?

先日、友人がTwitterで仕入れた情報を
教えてくれたのですが、
後になってそれが間違いだったと判りました。

つぶやく、という定義どおり
小耳に挟んだ情報を気軽に発信できる反面
それが間違いである可能性も高いわけで。

これはTwitterに限らず、取材と検証を
経ているはずの新聞記事でさえ
間違いが含まれいたりもしますから
情報をさくさく鵜呑みにするのは
ほんとに危険。

間違っていなくても、部分的な情報から
誤解が生じてしまうこと、ありますしね。

これ、普段の人間関係にも似たようなことがあります。

私は、相手の言動にポン!と反応してしまって、
あとになって誤解というか、こちらの理解が
間違っていたことに気づいたりして。

「もっとちゃんと相手の意図を汲むべきだった」
「一言言う前に周囲の状況を考えるべきだった」

これも、相手の言動という情報に
ごく浅いところで
反応してしまったが故のミステイク。

こちらも余裕が無かったり落ち着かなかったりで
相手が発している情報の全てを拾えない。

それはピースが足りないパズルみたいなもので
完成形というか、ホントの姿が見えてない。

ぽんぽん反応してしまわずに、注意深く残りの
ピースを目で追わなくてはいけなかったのに。

いつも、

「自分が得た情報には欠けがあるかも…」

と肝に銘じておかなくちゃいけないなぁ、と反省しました。