2010年02月22日

模様替え

先週と先々週の週末、
ふと思い立って
模様替えを敢行しました。

・・・仕事積み残してるのに。

ホラ、空間を把握するのは
脳にもいいしね。

家具をどう配置できるか
部屋を見ながら
考えるのが面白いです。
メジャーも使うけど
なるべく目でやります。

とくに好きなのはいわゆる
カラーボックスというやつです。
テトリスのように
壁面にぴったり隙間無く
積み上げるのが好き。
レイアウトによって
欲しい寸法が違うので
けっこう大きさはバラバラ。
それを、どう組み合わせるか。
隙間なく。
リアルテトリスですね。

今回は箪笥の上に積み上げて
天井まで届きました。

・・・地震が来たら危険です。

いちおう、間あいだに
緩衝材を挟んだりしてみました。
世の中には一文字という
固定金具もあるので、
そのうち導入を検討してみましょう。

あと、箱ね。

私は箱が好きで、これも
テトリス様に積み上げるのが・・・

・・・どこまでテトリスなんだ。

ちょっと自分で呆れて参りました。
なんなんでしょうね。

ちなみにテトリス好きだけど
得意ではありません。
速くなるとね、イヤになっちゃうのね。

ちょっと神経伝達速度を強化
したほうがよいかもしれませんね。
posted by トリカラ at 12:20| 〔Triocolorsメンバーの日記〕 

2010年02月19日

伊達の薄着

先日も書いたように
うちのオフィスは
ものすごく寒いです。

そこに今週の冷え込み。

風邪をひいて倒れる人、続出。

・・・ちょっと不思議なのは・・・

男性陣、
寒くても薄着なのは何故??

男性は女性より暑がりさんだと
いう印象がありますが、
はっきり「寒い」と口にしながら
薄着のまま、の人もいる。

伊達の薄着ってやつかな?
寒がって厚着なんてカッコ悪い?
体温調節能力を鍛えてる最中?
単純に、めんどくさい?

この、めんどくさい、が結構強敵。

A:めんどくさいのを
  すこし我慢して重ね着

B:まだ限界じゃないから
  もうちょっと耐えて…と
  言ってるうちに風邪をひき
  気づけば熱を出している

頭で考えれば
とうぜん前者ですが、
いつのまにか
後者になってたり。

油断大敵、ですね。

来週週明けからは
少し暖かくなるようで一安心。

みなさんも寒いときは
厚着をして、ご自愛のほどを。

posted by トリカラ at 19:30| 〔Triocolorsメンバーの日記〕 

2010年02月16日

体温を上げると…

大ベストセラーになったという
「体温を上げると健康になる」
 齋藤 真嗣 (著)
を読んでいます。

・・・寒いですからね。

とくに弊社のオフィスは寒い。
2階にあるのですが
1階は扉が開け放たれて
外と気温が一緒ですし
窓が多く、天井が高い。
エアコンの暖気は天井近くに
たまり、床面と壁面からは
冷気がしんしんと・・・
もちろん足元暖房を入れて
ありますが、大自然の冷気は
それを凌駕しており、
スタッフによってはコートを
着たまま仕事をしています。

そんなわけで、1度でも2度でも
体温を上げて凌ぎたい。

でも、体温を測ったら
ぜんぜん低体温ではなかった。
ちゃんと36度5分とかあります。

これだけ冷えるオフィスで
この体温を保てていたとは。

毎朝生姜入りの紅茶を飲んだり
毎日仕事の合間にストレッチしたり
毎晩長風呂して汗までかいたり
・・・そんな地道な日々の努力?が
結実しているようです。

「体温を上げると健康になる」では
筋トレについて書かれた部分が
興味深かったです。

子供のころバレエを習っていたのですが
レッスン中、先生に言われるのが
脚が太く見えないような筋肉のつけかた。

なんせ子供だったし遥か昔だし
詳しいことは忘れてしまったけど、
腿の前面の筋肉を使っていると
「前面の筋肉は太くなるから
 腿の裏側の筋肉を使って!」
と言われた記憶があります。

どこの筋肉を使っているか、なんて
普段なかなか意識しませんからね。
そういうことを感じるのも目新しく面白い。
今やってみたら、新鮮で楽しそうです。
ちょっと筋トレ、やってみよう。

・・・ものすごく衰えてるんだろうなぁ。








posted by トリカラ at 12:45| 〔Triocolorsメンバーの日記〕 

2010年02月09日

タイムマシン

以前も書いたことがありますが
タイムマシンクエスチョン。

ブリーフセラピーの技法のひとつで
「10年後のあなたを見てみましょう」
というもの。

やりかたはいろいろですが
「あなた」がモニターを通して
10年後の自分を観察し、
見たものを質問者に答えるやりかたや

「あなた」が10年後の自分そのものに
なってしまって、何が見えるかを
答えるやりかたなどがあります。

私はどうも理屈っぽくて

「10年後にどうなっていたい?」

と聞かれると、なんだか
漠然とした質問だなぁ…と
返答に困ってしまったのですが、
このタイムマシンクエスチョンは
質問のしかたが違うんですね。

(10年後のあなたは)
今、どこにいますか?
何が見えますか?
どんな音が聞こえますか?

そんな質問を受けていると、
不思議にビジュアルなイメージが
浮かんでくるんですね。

私のお気に入りのイメージは
10年後の冬の公園。
背の高い木が林をつくっていて
中央に大きな大きな池が
ある公園です。

雨上がりの午前中、
落ち葉が積もってふかふかした
土を踏んで林を抜けていくのです。

池には冬鳥がたくさんいます。
私の大好きなカモメ類もいます。

湿った土の匂いがして
散歩をしている人たちの
穏やかな話し声が聞こえます。
時々、鳥の声が聞こえます。

まだ冬のはじめで
それほど寒くはありませんが、
私はセーターとコートを着ています。

空気はひんやりしていて
弱い冬の日差しが斜めに差し込み
林のなかには秋の名残の気配が
満ちています。

こうしてイメージしていたら、ふと、

ああ、10年後って、悪くないなぁ。
幸せかもしれないなぁ。

と思いました。

現在の生活には
たいへんなこともあるし
イヤンなっちゃう!
というときもありますが、

10年後の冬の朝、
あの公園を散歩するんだもの、
と思うと
すこし気分が落ち着くのです。

10年後の冬の朝、
散歩に着るためのセーターを
いつか手に入れよう、と
思いました。
暖かい、冬らしい色の
ウールの厚いセーターを。

( 本当は、
 タイムマシンクエスチョンでは、
 イメージを楽しんだ後に
 締めくくりのステップがあります。
 でも、それはここでは割愛。
 ごめんなさい)
posted by トリカラ at 19:01| 〔Triocolorsメンバーの日記〕 

2010年02月05日

アンカリング

アンカリング、

という言葉があります。

アンカー(錨)から来た言葉ですが、
使われ方によって
ちょっと違う意味合いになるようです。

NLPでは
呼び起こしたい状態を
五感や行為と
結びつけることを言うようです。

例えば、幸せな体験を思い出し
満ち足りた気分になりながら
手のひらを撫でる。

手のひらを撫でる、という行為を
満ち足りた気分に
アンカリングしている、というわけですね。

行動経済学では、
値段交渉で
最初に出す数字のことを
アンカリングというようです。

最初の一声で
出た数字が、その後の
価格交渉の基準になる
という傾向があるのだとか。

売り手が最初に高めの数字を言う、
というのはひとつの定石のようです。
高めの価格にアンカーを
降ろしたいというわけですね。

また、キャリアカウンセリングでは
職業について判断する際、
個人が拠り所としている価値観を
アンカーということがあります。

例えば、Aさんのキャリアアンカーは
人に感謝されること、とか
Bさんのアンカーは自己実現だ、と言うと
仕事を選ぶ(続ける)際に
どういう価値観を大切にしているのか、
という意味合いになります。
アンカリングという使われ方はあまり
聞きませんが、おなじアンカー(錨)から
来た言葉です。

けっこう、ニュアンスが違いますねぇ。





posted by トリカラ at 19:04| 〔Triocolorsメンバーの日記〕 

2010年02月04日

ユリカモメ

東京の今朝の気温は
ひさしぶりの零下。
(と言っても−0.4度ですが)

昨年末から欧州や東アジアを
襲っている寒波を思えば
影響の規模は小さいものの、
北極圏の気圧が高く、
しばらく(今週いっぱいくらい)は
立春寒波が居座るそうです。

そのせいでしょうか?
昨日も今日もユリカモメも
セグロカモメも姿を見ません。
どこにいるんだろう??

ユリカモメは
白く愛らしい姿と
人怖じしない行動で
都民には人気の高い
冬鳥です。

海や川の近くでは
他のどんな鳥よりも
たくさん見掛けますね。

今はもう埋め立てられ
公園となっている夢の島、
まだゴミの山だったころは
夢の島を埋め尽くすほどの
大群が越冬していたとか。

いまでも隅田川の橋上や
公園の池などで
餌をやる人がいると
びっくりするような大群が
肩にとまらんばかりに
近寄ってきて、
直接手から餌を取ったりします。

人が出すゴミやパン等の
餌付けは野生動物にとって
良いことではないでしょうね。

そう思うので、涙を呑んで?
餌付けは我慢しています。
あの可愛らしい姿で
手から餌を食べてくれたら
とても嬉しいでしょうけれど…。

しかし、日本では
繁殖期でないためか
可愛い穏やかな振る舞いですが
夏の欧州などでは
わりとワイルドに
振舞っているらしいです。
夏は顔も黒くなるし※
気分もワイルドになるのでしょうか?

※日本でも4月くらいになると
  顔だけ真っ黒になっています。
  ワイルドというよりお間抜けな
  感じです。


posted by トリカラ at 12:56| 〔Triocolorsメンバーの日記〕 

2010年02月02日

雪の朝、カモメはどこへ?

ひさしぶりに
東京でも雪が降りました。

目が覚めると
町並みの屋根に雪。

積雪量が少なかったから
昼過ぎにはもうすっかり
消えてしまっていましたが。

とても不思議だったのは、
たいした積雪でもないのに
いつも飛び交っている
ユリカモメやセグロカモメが
全く姿を見せなかったこと。

雪がキライなのでしょうか?

カモメ科の鳥は
海辺にいるものと
おもっておりましたが、
河川や湖沼にも
いるのですね。

多摩川の
世田谷区あたりでも
ユリカモメの
大きな群をよく見ました。

両岸に川原があるし
植物の生い茂った
中洲などもあるので
住みやすそうです。

しかし川原があれば
住みやすそうとは
人間の勝手な
思い込みのようで、
コンクリートで
固められた
隅田川沿いでも
多くの群を見かけます。

薄水色の空に
ユリカモメの群が
飛び交う姿は
なんとも言えない
冬らしい情緒が
あって、大好きです。

大きくて羽毛がみっしりの
セグロカモメ、
いちど抱っこしてみたい…
と妄想しているのですが
実際やったら
ものすごく
突付かれるんでしょうね・・・








posted by トリカラ at 19:39| 〔Triocolorsメンバーの日記〕