2014年11月27日

にねん

にねんぶりの投稿ですよ…。

ひどいな。

前回は、一年ぶりの投稿で「いちねん」でしたよ…。

ほんと、ひどいな。

先日、とある会で一人の女性にお会いしました。
華やかなお仕事をされている方ですが
なるべく人と目が合わないようになさっていて
誰かに話しかけられてもすぐに顔をそむけてしまわれて。
人前に出るお仕事をされているので
「お高くとまっている」のかしら?
そんなふうに感じるくらい、プロテクトが強かったんです。

でも会が進行するうちに、ああ、と思いました。
この方、あまり前に出ることがお好きではないんだな。
知らない人って、それだけで苦痛なんだな。
そうですね、例えれば、内気な少女のように。

たくさん知らない人がいて
たくさんの感情や思いが行きかっていて、
耳元でわんわん響くように苦痛なんじゃないでしょうか。
激しい雨と風に曝されているみたいに感じているのかもしれない。
耳に入れない、
目に入れない、
そうして自分を守っておられるように感じました。

おなじ会で、昔馴染みに久しぶりに会いました。
昔もっていた印象は
「出来る人だけど、どうも損得が優先する人のようだな…」
ごめんね、あんまりな印象で>昔馴染みさん。

でも、久しぶりに話していて、ちょっと印象が変わりました。
ああこのひと、ある意味非常にピュアなんだな。
優先することがはっきりしていて、それに対してピュアなんだ。
あんまりピュアだから、他人の感情も状況も目に入らなくなるんだ。
そう思ったら、昔馴染みの顔が今までとちょっと違って見えました。

2年前だったら、別の感じかたをしたかもしれません。

人間て、変わらないところもあるけど結構変わるところもありますねぇ。

2年後は、どんなふうに感じるのでしょう。

もしかしたら2年後のわたしの世界は今とは少し違うのかもしれませんね。


posted by トリカラ at 14:30| 〔Triocolorsメンバーの日記〕 

2012年12月06日

いちねん

一年、経ってしまいました。

いやー、早かった。過ぎてみると、ですけれどね。

この一年で得たものもあるし失ったものもある。
早いようでも一年なりの収支があります。

一年前と同じデスクに座り、おなじ風景を見ていると
この一年間があったのかなかったのかさえ曖昧な気がして
なーんにも変わってないんじゃないか、と錯覚してしまいますが
やっぱり1年でいろんなことが変わっているのです。

来年もまた、いろんなものを手に入れて、いろんなものを失うのでしょう。

なにが手に入るかな?そして、何を手放すのかな?

楽しみです。

今年も一年、お世話になりました。来年がよりいっそう素敵な一年でありますように!
posted by トリカラ at 14:39| 〔Triocolorsメンバーの日記〕 

2011年12月08日

メンタリスト

アメリカの人気ドラマ「ザ・メンタリスト」では
相手を観察する力に優れ
ひとの心の機微に敏い”メンタリスト”が
犯罪コンサルタントとして活躍するそうな。
観たことはないのですが、日本でも放送されたんですね。

日本でもメンタリスト、と名乗っている方がいらっしゃるんですって。
http://www.daigo.me/index.html
この方の場合は犯罪捜査は関係なくて、
ステージなどでパフォーマーとして活躍されているそうです。

このサイト、心理学、とくにNLPなどを学ばれた方がご覧になると
あ、わかる、みたいに感じるんじゃないかな、と思います。

なんで急にメンタリスト、なんて言い出したのかと言うとですね、
先日はじめて会った方にカウンセラーです、と自己紹介したところ

「じゃあ考えていること皆わかっちゃうの?怖いな!」

と、やや怯えられてしまって(笑)。

確かにカウンセリング中はかなり集中して
相手の方を知ろうと努力しますから
ふつうにお話しているより相手のことがわかります。

でもそれは恋愛と一緒。

知りたい、理解したい、という想いが強いから
ふつうのときよりはわかる、それだけ。
もちろん勉強しているから、
勉強していないときよりは判るようになっていますが
それでもわからないこと、あります。いっぱい。

それをクライアントさんに尊敬されたくて
見栄を張って「ぜんぶわかる」ような顔をするのも
すこしばかりわかるようになったからって
「見ればわかるぞ」と自分を過信してしまうのも
たぶん、ちょっと、違いますよね。

人のこころって奥が深いんですもの。
何十年と勉強されている研究者の方であっても判らないことがある。
わからない、が基本の立ち位置なのが自然なような気がします。

もし自分の心が相手にわかったとしたら、

それは相手が、自分を理解しようと努力してくれたから。

逆に自分がクライアントさんから
「どうしてそんなことまで判るの?!」と言われても
それは、たまたまアプローチがうまく行っただけのこと。
いい気になったりしないで、ちゃんと兜の緒を締めなくちゃ。

わからない、から始めなきゃ。

このメンタリストさんも、もっと心理学を学びたいから
大学院から医学部に入りなおす勉強をされているんですって。
もっと学ばなければ、という謙虚な気持ち、
私も忘れないようにしなくちゃなぁ。
(というわけで?研修を申込みまくってしまい、
 クリスマス三連休のうち2日研修を受けることに…ううむたらーっ(汗)
posted by トリカラ at 17:31| 〔Triocolorsメンバーの日記〕 

2011年11月28日

歳をとるって

先日、高校一年のときのクラス会がありました。

その少し前に同期会があったのですが、
来られなかった人もいたし
人数が多くて話が出来なかった人もいたし、
仕切りなおしてこじんまりやろうよ、
と音頭を取ってくれた級友がいて。

みんな、大人になって、大人の顔になっていて
すぐには打ち解けられないような気持だったのですが
不思議なことに、だんだん
高校時代の顔や話し方になっていくんですよね。

だけど、ちゃんと大人のいいところがある。

高校生くらいのときって、
相手を思いやることが難しかった。
感情だって言葉だってストレートすぎて
お互い傷ついちゃったりもした、そういう覚えが
あるのですが

今は、お互いのこと、思いやることが出来る。

クラスのいじられキャラだったTくんが
授業中にやんちゃ坊主たちに
細かく切った消しゴムを投げられ続け、
最後には「もうやめろよ!!」と
怒鳴った事件がありました。

いまから思えば、やんちゃどもが
Tくんをからかうのは一種の仲間意識で
愛情表現だったんだな、と思うけれど
その消しゴム事件、
当時のTくんはホントに嫌だったんでしょう。

大人になったやんちゃ坊主たちは
「T、くるのか」
「くるさ」
「おれたち、Tに謝ろうぜ」
と大盛り上がり。

すこし遅れてきたTくんは
すっかり立派になった
やんちゃ坊主たちに取り巻かれ
いきなり謝られて目をぱちくり。
すごく楽しそうだった。
Tくん達は三次会まで行ったそうです。

皆、なんだか、いいかんじに歳を重ねたんだなぁ。

歳をとるって、すごく素敵なことだな、と感じた1日でした。
posted by トリカラ at 13:47| 〔Triocolorsメンバーの日記〕 

2011年10月28日

寒い朝、ホットな朝

朝が寒くなってきました。

薄い夏掛けの布団+綿毛布だったものを
一昨日くらいからは冬物の厚手の布団にシフト。

だんだん朝起きるのが辛くなってきますよねぇ。。。

人間の体温は、夜眠るときに下がっていき、
朝覚醒に向けてだんだん上昇していくそうです。

ある程度体温が上がらないと起きられないんですって。
寒冷地遭難で「眠っちゃだめだ!」というのは
起きることができない危険性があるからなんですって。

東京はそこまで寒くはないけれど
やはり気温が低くなると体温も上がりづらくなるようで
冬よりも夏のほうが早く起きられる人は多いみたい。

太陽が出る時間も夏のほうが早いから
明るさで覚醒していきますしね。

ということは、寒い朝は暖房をタイマーで入れて
暖かくすれば少しは起きやすくなるのでは。

・・・まだ、さすがに暖房は早いなぁ。

でも、起き抜けに暖かい飲み物を飲んで
体を暖める・・・なんて事なら実行できそうだなぁ。

よし、帰りに何か美味しそうなお茶でも買って帰ろうるんるん

明日からホットな朝を目指してみます(笑)。
posted by トリカラ at 18:23| 【タイムマネジメント(時間管理)】